ペットに服を着せる飼い主の目的とは

現在ではペットに服を着せる飼い主も珍しくない世の中ですが、色々な目的を持って着せているようです。
まず擬人化して子供のように可愛がる為という理由があります。
お洒落に着飾らせることによってまるで人間の子供のように愛でることができ、より愛情や愛着を持てるようになるという飼い主もいるようです。
また、着飾らせることが飼い主のひとつの愛情表現にもなっています。
ペットの体調管理によって着せていることもあります。
例えば犬は最初から毛皮を纏っていますので、寒さにも強いように思われるかもしれませんが、しかしながら犬種によっては毛皮に厚みがなく、寒さを感じ易いこともあるのです。
ですから冬場になると寒さによって下痢をし易くなるようなこともありますが、そのような時にも服を着せることによって体調管理をし易くなるというメリットがあります。
他にも夏場の暑さ対策だったり、室内で抜け毛をなるべく落とさないようにする為など、飼い主なりの理由があって服を着せていることもあるのです。

ペットに服を着させる理由

犬に服を着せていることに嫌悪感を持たれている方は多いかもしれません。
「本来、犬は外で生活していたのだから、服なんか必要ないんだ、人間のエゴだ」と。
けれども、ペットとしての犬たちは、本来適応してきた環境と異なる環境で生活してる場合があります。
ミニチュアピンシャーなどの短毛犬にとって、日本の冬は寒すぎますから防寒対策が必要です。
雑種でも、毛の色が黒いが場合は、太陽の日差しを吸収してしまいやすく熱中症になりやすいでしょう。
黒い毛に太陽光が当たるのを防ぐが必要です。
また、病気やシニアになると脂肪が落ちてしまいますから、やはり寒さ対策が必要です。
ペットの服で検索すると、インターネット上には多機能な製品が並んでいます。
Tシャツ、パーカー、ジャンパーなどの防寒兼おしゃれ着からレインコート、UVカット、体をなめないための術後用など機能性をもったものなどがあります。
これらは人間のものと変わらないような値段で売られていますから、手作りするのもおすすめです。
ペット用の洋裁本や、手編みの本も多数販売されています。
自分たちの着古したシャツをリメイクすることも出来るでしょう。
飼い主の臭いが染みついた生地を身に着ける、それが一番ペットが安心できるものかもしれません。

check

ベビースケールのレンタルを探す

最終更新日:2018/12/18